FreeWay(2000/11/26)→ 
Bricksライブ at 渋谷Egg-man
  2000.12.11(月)


ライブで感じたことをチャットでおしゃべりしてみました。チャットメンバーは、しんごさんちゃっとで知り合った、チャット仲間のお二人、マグノリア君(マグくん)と、ひまさんを向かえ、ちこちょももでお送りします。
脱線話も多く2日に渡っておしゃべりしたため、読みやすいように一部編集しております(2日目、マグくんは参加できませんでしたので、途中で発言が無くなっています)が、ライブ詳細をお届けするというよりも、ファンの井戸端会議の域を出ていないものになっちゃいました(苦笑)。御了承下さいませ(汗)


ちょもではでは皆様、記憶の持ちより大会始めま〜す(笑)
ち こ12月11日とても寒かったです
ちょも信吾さんの生歌を聴くの、初めてだったのはマグくんだけだったんですね。他の3人は、集いで初体験してた?
ち こそう、マグ君以外は集いに行ってたから。ちょももさんはちょっと時間があったので、時間前に一度エッグマンまで行ったんだそうで
ちょもそうそう。ちょうど会場前には、大阪のオフ会でお会いした方もいらして、「今ちょうど板倉さんが入って行かれたのよ」って教えてくれました。当日寒く、食事もまだだったので、近くのモスバーガーに行ってました。そしたら、ふと窓の外を、マネージャーのひがぴょんさんが(笑)(買いだし?)
ち こ集いが380人であのくらい、って頭があったんだけど、エッグマンの350人はすごかったね〜〜
ひ ま行ったときにはもう列ができていたけど,後から来た人とかも「何番ですか?」って聞き合いながら並んでましたよね。
ち こちなみに私の前列の人達、とても感じのいい方たちだったんですけど関西弁でした。どこの方だったのかなあ・・・。
ちょも待ち合わせの皆とちゃんと揃って会場前についたのは、もう開場直前でした。列はすごかったですね!
ち こすごかったね〜〜>列・・・そして寒かった!
ひ ま先に並んでいた方も,私の整理番号聞いて「前ですよ」って気持ちよく入れてくれました。
ち こなんか制服の高校生の女の子が一人でぽつんと並んでたの。一人だったのかなあ・・・
ちょもそして中に入ると、今度は暑かったですね。皆の熱気が立ち上るようで。どきどきしながら場所をとって。飲み物取りに行けなかったです。
ち こ可笑しかったのがうしろの人が、「ああ〜〜。もうすぐだ〜〜。かっこいい〜〜」(ポスター見ては)「写真だけですでにかっこい〜〜」状態だったこと(笑)気持ちはわかる
マ グ僕はちこさんの隣にいたんですけど、本当に前列の方は感じのいい人でしたね!嬉しくなりました。
ち こ飲み物取りに行けなかった。もうその場を動けなかった。ネットやってらっしゃるってかんじの一団でしたので、お友達になりたかったなあ>前列
ちょもライブハウスの中って…私見れるとは思ってなかったんです。整理番号後ろだったから。でも、段差があって、会場の後ろのほう階段一段分くらい高くなっててその最前列が取れたので、少しはましでした。
ち こ徐々に並んでいくうちにどんどん視野が狭くなるの(笑)
ちょも開演前に、ふと後ろを振り返ると三野友華子さんがいらして、クロベエさんが横切っていかれて(笑)
マ グ僕の隣の方も楽しい方でした。葛山さんや、板さんの一挙一動に反応してて。あぁ、この人本当に好きなんだぁって。まけらんないって思いましたね(メラメラ)←オイオイ!
ひ ま一緒に入った方が以前からのファンの方で,真ん中が信吾さんで,信吾さんは板倉さんの方をよく見るからこっち側に居た方がいいよってステージに向かってやや左に立ち位置を決めたの・・・前から4列目くらいだったんだけどすでに見えなかったよ^^;
ち こすごい!私はとにかく信吾くんは真中だから真中の見えるとこ、という意識で並んでたです(笑)おかげで信吾さんはよく見えたけど、板さんが・・・背伸びしないと見えないし、板さんみちゃうと信吾さん見えないし・・・(^^;やっぱ楽器を演奏する手元が見たかったので全体像の見える場所が本当は良かったけど・・・文句は言うまい
マ グ僕は皆さんの御好意でかなり前でみれたんですけど、迷惑だったんじゃないかなって?ちょっと心配でした。(途中で開き直りましたけど(苦笑))
ちょも近すぎるというのも問題なの?(笑)私は、本当に立ってくれた時や、人波が割れた一瞬しか見えませんでした。
マ グ3つ椅子があったんで自分の前は誰なんだろう?ってドキドキしました。
ち こいや、ずっとかがんでたから後ろの人に感謝されてたじゃない?>マグくん(笑)
マ グいえいえ、僕のせいで見れない人がいたんじゃないかなって。でも帰るとき後ろの方が「ありがとうございました。見えましたよ。」っておっしゃってくれて凄く嬉しかった!
ちょもうわ〜交流があって…いい話じゃないですか。お礼を言ってくださった方も、本当に優しい>マグくん
ひ まライブというものが初めてだったので,どんなふうにしていたらいいのかわからないとこあったんですけど,ずーっと信吾さんを応援しているファンの方と一緒だったので,ありがたかったです。
マ グそう!僕もライブ初体験だったんでどんなノリでいけばいいんだろうって最初戸惑ってました。
ち こどきどきしながらはじまるのを待ってましたけど、なんかすぐそこの椅子に本当に信吾さんがすわってくれるのかしらって心配でした。ちなみに私は15年ぶりのエッグマンだったです(笑)照明が落とされるとすぐさ〜っとBricksのメンバーが入ってきて、いきなり演奏、一気に会場が沸いて。一曲目は「言葉って大切なんだとこの頃思う」でしたね。歌の途中でちょっと歌詞が怪しくなっちゃった時があって、信吾さんは上目遣いで客席を苦笑しながら見たんだけど、それがいたずらっぽくって、とても茶目っ気があって(笑) 集いの時は足を組んでギターかかえてる写真があったのですが、今回は、こう、前かがみにギターをかまえてました
マ グうん、構えてました。本当にギター弾いてらっしゃったんで指に見とれちゃいました。
ちょも歌詞が抜けちゃったってのありましたね(笑)一瞬だったけど、目配せしてた瞬間は見てますね!モニターじゃなく肉眼だったのかな。もう今となってはどっちでもいいか〜
ち こ「言葉って〜」って聞けば聞くほどどんどん好きになっていく歌です。どんどん自分の世界と重なっていくという・・・だからOPがそれで嬉しかったなあ。今回はGパンで、上はグレーの長袖TシャツにFCの黒Tシャツを重ね着という、とてもラフな服装。髪、一条さんだとびしっとストレートだけど、なんか毛先がふわふわしてました
ちょもそうでした。ギター、信吾さんは?ってモニターで確認したんですよ。やっぱり肉眼じゃなかった。あ、弾いてるんだ!って思ったら嬉しくって目を閉じて耳を澄ませてみました。我慢できずにすぐ目はあけちゃったけど(笑)
ひ まモニターの存在に最初気づかなくて,とにかくちらっと見える信吾さんと歌に没頭していました^^;)
ち こ二曲目が「止まった週末」で、「オーマイゴッド」のとこ、板さんが入れてた?なんていうか、譜面を見下ろすようにしているせいか、ものすごく下向きなんです>顔 で、長いGパンの足をがばっと開いてギターを抱えて座っているのがね、とってもワイルドだったの。かっこよかったなあ
マ グワイルドでしたね〜。分けて欲しい(苦笑)。>ワイルド
ちょもがばっと(笑)…見えてなかった(苦笑)ラフな格好といい、自然体!って、ほんとそう思う
ひ ま「oh my god!」のとこ,叫んで良いのかわかんなくて小声で言ってたの・・・言っても良かったのかなあ?その方が良いのかしら?
マ グ「止まった週末」は今度演奏された時は思いっきり歌って返そうと思います。「今度食事でもどう?」♪
ち こ「オーマイゴッド」叫びたかった(笑)今度みんなで一緒にやりましょーーー。二曲目が終わるなり、立ちあがった?かは忘れたけど、そばのペットボトルの水をぐいっと飲んだ?・・・で。お腹をさすったり首をかしげたり。「喉が変、この辺が(お腹や胸)変・・・」←独り言!
ちょもそこからしばらくトークでしたね>2曲目のあと
ち こ会場をみて「なにこれ」って言ったの、その時?>マグくん
マ グだったと思います!そんなことおっしゃってました
ちょも人数にびっくり眼の信吾さん、とか、後ろの人見える?とか。見えませーんの大合唱(笑)そしたら立ってくれたんだよね
ち こそうそう、「気分の悪くなられた方とか・・・いらっしゃいましたら・・・・早めに言って・・・・退場!」(にやり)←意地悪〜〜
ちょもやだー!って小声で抗議(笑)気分悪くなっても居るぞ!って思うよね(笑)
ひ まそうそう,いたずらっぽいカンジでした。表情は見えなかったけど声が(笑)
ち こ集いと違って完全板さん主体のMCでしたね。でも板さんのお話、面白いんだ
ひ ま前半アコースティック,後半・・・アコースティックってね?上手に楽しませてくださるの>板倉さん
ちょも面白いです。やりとりがまた面白い(笑)聞いてる様で聞いてない信吾さんとか。
マ グもう1人のギターの首藤さんを紹介された時も面白かったですね。
ち こ集いの時にすでに首藤さんは「リチャード」板さんは「ブライやん」って呼ばれてたの>マグくん。信吾さんはじっと座って板さんの話を聞いてなかった??なんか今日は寡黙だなあ、と思ったの、私。
ちょもそうなんだー。表情見えてなかったから。緊張してるのかなって思っていました、最初
マ グそうだったんだ、僕は最初「は?」って思いましたよ(笑)。ハーフかと。
ちょもどこの出身ですか?って。つっこんだの信吾さんじゃなかった?
マ グ大分!!リチャードさんと同郷なんで凄く親近感です。一番近いところに座ってらっしゃったし
ち こ「前にエッグマンでやった時、来た人?」って聞いて・・・手があがったら信吾さんが「はあ・・・お!そこ!なんか光っとるな!」って。そしたらハート型ペンライトだった。その時、突然子供のように嬉しそうだったんだよ>信吾さん
ひ まうん,声が弾んでたよね
ちょも私、隣にいた人なんだけど、ペンライト(笑)
ち こえ?ちょもちゃん、そこにいたのか〜〜。で、メンバー紹介の前に「Heartache」?
ちょも一度、歌い出すタイミング逃したの、その曲だったかな?
ち こタイミングはずしたのは・・・?
ちょもはっきり覚えてないんです。板倉さんと信吾さん、「は?」って感じでお互い目で確認してたよね?(笑)
ひ ま「土砂降りが心を打つように」が先じゃなかったかしらん?
ち こ「土砂降りが心を打つように」そして「Heartache」。そのあと、またNHKFM公開録音のチューニングの話でしたね(笑)「ただいまチューニングという曲をお送りしています・・・」って
ひ ま「ただいまチューニング〜」には爆笑でしたわ
ちょも私、大好き、「チューニング」!(笑)もっと聴いててもいい
ち こでもね、私、思うにあれだけきちっとチューニングできる板さんは耳がいいのだし、だからこそ、あそこまできちっとした演奏ができるんだなあ、と。Bricksの演奏は本当に安定していて、安心して心地よく聞いてられるの。チューニングの後は「NHK公録(ラジオ)」でも演奏されたという、「夕立の後に」で・・・「夕立の後に」という曲は、とても静かな穏やかな曲で。
ちょもまだCD化されていないというのがとても残念です。>「夕立の後に」。かみしめるように歌ってらした…シンプルな曲なんですけど結構迫ってくるものがあって、いいなあと思った一曲でした。まだCD化になっていないっていうのが残念〜〜!
ち こで、あと曲と曲の合間には「のどがはりつく〜。乾燥してるよね」って水飲むんですが・・・「どしゃ降りが心を打つように」は「Carry On」と同じで背中を押してくれる歌だよね
ひ まうん,うん...背中を押してくれる...並んで歩いてくれる..
ち こにこにこしながら歌ってくれるのかなあ・・・と想像してたんだけど。「Heartache」は、もう、うつむきながら歌ってなかった?CDより歌いこんだ分、ライブのほうがすごくせつせつと素敵に歌い上げていた
ちょも歌ってる信吾さんは、あまりにこにこって感じじゃないよね。アップテンポの曲では、嬉しそうな表情もあるけど、だいたい、真剣な表情だったと思う。ところで私、生歌を初めて聞いたマグ君の感想を聞かせて欲しいかな〜
マ グ感想ですか・・・失礼な話ですけど、本当に「葛山信吾」という人間が歌ってるんだ!っていうことと。本当に電流が流れました!ガクガクって。
ひ まや,でもそれすごく正直なとこじゃないでしょうかね?二次元でしか見ていないと実感しにくいもの。
マ グインタビューの時の雰囲気と同じだとも思いました。2次元と3次元のギャップがなかったってことですかね。あと、思ってたよりも大きく感じました>体<それは芸能人オーラ?自分と同じくらいとは思ってたんですけど、それ以上に見えました。
ひ ま歌声はね,集いで初めて聴いたときが鳥肌たったよ。ライブではなんか戻ってきたのね〜って感覚があって・・・自分だってライブは初めてなんだけど,そんな気がしたの。
マ グ本当にそうですね!>歌声<演奏が始まった時もブルブルきましたが、葛山さんが歌い始めた時にはガタガタきました。
ち こ信吾くんは大きいよね・・・姿勢がいいからかな?
ちょも歌の時とおしゃべりの時のギャップとかは、少し感じましたね〜。バラード歌われてる時とっても渋く見えたんだけど、MCではいきなりトイレって単語が出て(笑)
ひ ま「ちょっとトイレ」って言われたときには「とととと・・・トイレ?!」って思ったけど(爆)
ちょもでも、なんか、そういう台詞まで、普段着〜って(笑)トイレってええ!っていう関西風つっこみが会場中で出てたよね
ち こ「ちょっとトイレいってきまあす!」は演出だよね?
ひ まうんたぶんそうなんだろうけどホントに行ったかもしれないけどビックリしたよ
ち こ陽だまり・・・きれいだったよねえ・・・本当に陽だまりは心に残った一曲でした
ちょもじゃ、陽だまりの話。板倉さんの前置きがあって、今回なにか新曲を、と、「いそいでじっくり作って」(笑)最近まで一緒にお仕事していた松本英子さんをゲストに向かえたくだり
ち こ事務所を通すと断られるから直接電話しました、携帯に>松本さんに依頼・・・がオオウケだったんだよね?
ひ ま慎重に歌ってたように感じたんだけど>陽だまり
ち こいや、もう信吾さんはいっしょう懸命譜面を確認してたよね?>マグくん。それはそれは悲痛な面持ちで(笑)
ちょも松本英子さんが登場して、「緊張してるんですよ〜」と話し出すと、それまで板倉さんと松本さんだけが話してる感じだったのに、ぱっと信吾さん「そっすか〜?」って軽いノリで入ってきたね
ち こ二人が「緊張してる〜〜」って言ってるのに「俺、ぜんぜん平気」って
ちょもそうそう。全然普通とかなんとか日本語が正しくなかった(笑)関西弁で「練習してると、僕(俺?)だけどんどんずれてっちゃんですよ〜」って、ほんわかムードを出していたのは、松本英子さんの緊張をほぐしてあげようとしてたのかな〜って思います。
ち こうん、松本さんを気遣っていたよね
マ グそれは僕も感じました。>葛山さんの気遣い
ちょもちょっとはずれていく信吾さんも、期待してたりしたけども!(嘘嘘)二人とも声が、透明感があって、見事な調和でしたね〜。板倉さんの前置きがあったので…友達同士が恋人になって結婚して云々っていう設定?でもその歌詞を聞き取ることより、声の美しさにぽ〜っとなっちゃった
ち こで、歌い終わったら「緊張の時間から解放された〜〜!」というようなフリ(笑)でいきなり立ちあがって「ちょっとトイレ行ってきますっ」と楽屋にダッシュ。
ひ ま松本さんもホッとされてたカンジしましたね>陽だまり歌い終えて。
マ グ松本さんにサラッとステージを譲る葛山さんは、カッコよかったです。
ちょも話が繋がったね(笑)>トイレ で、松本さん、せっかくだから、一曲!ということで、「スコール」を聞かせてくださいました。もう、これまた。すごいとしかいいようがないね。贅沢なライブだ〜って思ったよ。
ひ ま集いのときのCARRY ONの信吾さんもそうだったんだけど,松本さんのスコールでも,歌声が伸びやかに高く高くずーっと天まで昇っていくカンジ。
マ グ語尾のノビ方が凄く松本さんらしかった?ような気がします。パンチもあったし。
ちょも松本さんの歌声で、ほ〜っとなってる会場へ、松本さんと入れ替わりに信吾さんが、帰って来ました。で!私的にはここのトークがめちゃおかしかったんだけど
ち こ首からタオル下げてね
ちょも後ろのほうで見ている私には、立って動いてる信吾さんしか見えないわけで、戻ってきた時、拍手が大きくなって、信吾さん、ファンサービスで、客席に向けてポーズ…仁王立ち〜みたいな(笑)
ち こ会場からいや〜〜んって声が・・・でも私ツボだったんですけど(笑)・・・頭に巻こうとしたでしょ?タオル。巻いて欲しかった
ちょもえ、そうなんだ〜。ねじりはちまき、ならぬ、ねじりタオル?それでやけに皆ざわめいてたの?
マ グ湘南ライブの写真や、レコーディングの写真でよくタオルをまいているのは知っていたんですけど、生で見られるとまた嬉しかったです!Bricksのライブに来たんだなって思う>タオル←それは言い過ぎ。
ち こタオル、頭にかぶろうとして、笑ってやめた(笑)「昔実家に一度帰っていたことがあったんですけど・・・」と言いかけて、ふいにやめて「最近雑誌の対談で、自分のことばかりしゃべってるう、いわれて、もう、自分のこと話すのやめよう、思ってたんだけど」・・会場から、いいよ〜〜話して〜〜の声
ちょもその、某雑誌のこと、理由にあげてはったの、ちょっと悔しかったね、私(^^;ファンはずっと聞いていたいんです!!>葛山さん、もっとしゃべってー!って叫んだ人結構居たよねえ
ち こ「葛山、そんなん二日で忘れる〜〜言われてて(誰が言った??)(笑)・・・やっぱ忘れてるな。俺(苦笑)」それでやけに寡黙だった理由が暴露された
マ グ今度ライブがあるときは、皆さんタオル持参で行きましょう!(苦笑)
ちょもえ、皆でタオル巻くの?(爆笑)
マ グ金髪にテンガロンハットの話は、ちょっと驚きましたね。
ち こ「昔一度実家に戻って実家の仕事を手伝っていたんですが・・・、こんな風にタオル首に巻いて、金髪で長髪でテンガロンハットかぶってパチンコしてたら妹が来て・・・にいちゃん!かっこわるいからそれだけはやめて!」
ちょもああいう、日常的な話、ファンとしてはもっともっと聞きたかったなあ。そういえば、クウガの撮影の話ってどこだっけ?
ち ここの時かなあ・・・。タオル巻いてたもん。首(笑)・・・「今年はクウガにはじまり・・・クウガがまだ終わらないっ。どないなってんのや〜〜」
ひ ま「え〜師走に入りまして〜」って出だしだったかしら?これも笑っちゃったのよ。
ちょもどこでその話になったかは覚えてないんだけど、板倉さんが近況についてはなし始めて、「信吾は?」って聞かれて、いきなり「師走に入りまして」(笑)「昨日、地上30メートルのビルにぶらさがりました!」って随分あっけらかんと話し出して、会場沸きましたね
ち こあのねえ、信吾さんはやたらストレッチしてたの。そんなに板さんのMCの間ひまなんかい?って思ってたら筋肉痛だったのね(笑)
ちょも私個人的には、板倉さんの、「それで昨日、終ってたんだ」ってつぶやきともつっこみとも言える発言に大受けでした(笑)
ち こ「昨日遅くまでリハーサルしてたんですけど、信吾、なんにもしゃべんなくって・・・」って。あと何度もやってたね。地上30メートルから片手で・・・・って時「あ〜〜〜っ」って。「あ〜〜落ちるう・・・」「すっげえ、怖かった・・・」
ひ まあと,皆さん風邪をひかれているとかも・・・お話の内容は覚えているけど順番が全然ダメだなあ・・・風邪ひきさんなのにこの後アップテンポの曲になって,個人的にはうれしかったんだけど大丈夫かなと心配でした。
ちょもで、ひとしきり、地上30メートル話で盛り上がってから、板さんの冷静なつっこみが。「確かに近況だけど、そうじゃなくって〜」板さんはお仕事の宣伝をしたらって意図で話をふっていたんだよね?(笑)
ち こあ、それでNHK時代劇の話し?「昨日カツラ合わせしました」え?地上30メートルやってカツラも合わせたの?
ちょもほんとだ、昨日って言ってましたか?(笑)「来年4月から。出演が決定したので…元禄の時みたいに町人髷と…みっつあるんだけど、ひとつは総髪で。総髪姿があるかもしれない」で客席から拍手
ひ まかつら合わせはライブの当日だと思ったけど。(しょーもないこと覚えてるなぁ自分・・・)
ちょもそ、そうだったのか〜やっぱ3人寄ると文殊の記憶<なんでやねん
ち こ文殊の記憶(爆)「総髪もあるようで・・・」←楽しみ〜〜4月。総髪姿、でも一条さんに近かったりして(笑)
ちょもでも信吾さん、耳が出てると印象違うもの〜。
ち こあ!そうだよね>耳(笑)・・・ちなみに常松も耳出てましたが。
ちょもさてさて松本英子さんの「スコール」のあとで、そんなこんなのMCがあって(笑)、次にバラード「ハーバーライト」「潮風の街」、そして「ハートオブゴールド」と三曲連続で一気に歌ってくれましたが、その間に皆さん、何見てました?(笑)
ち こ信吾くんの足〜〜!(やめい!)
ちょも葛山さんを見てたのは当然すぎる答えなので(笑)何でもいいから感じたこと!
マ グ葛山さんとモニター。そして足元(苦笑)。
ちょもなんで足元、なんであんな前列でモニター?(笑)マグくんつっこみがいあるわ(笑)
マ グだって、まともに直視できなかったんですよ(バカ)。なんだか無償に恥ずかしくて。肉眼で見たほうが近いのに、モニターで葛山さんの映りをチェックしてたりしてました(苦笑)
ち こそうだねえ、信吾さんも気持ち良く歌ってるのかどうかが、けっこう心配でした。喉が〜〜とか胸さすったり〜〜とかしてたから。あとね、けっこう信吾さんは譜面を伏目がちに見てることが多かったんだけど、ふいに会場をみまわしたりもしてました。ゆっくりとまるで誰かをさがすように・・・
マ グきっと錯覚なんですけど、一瞬目が合ったような(苦笑)。そんな気がします。
ち こ私も「あ!目が合った(はあと)」と思った瞬間、ふいってそらされたわ(苦笑)
マ グ目が合ったと思ったとき、「フッ」って笑ってくれたような・・・きっと眼鏡かけてなかったから見間違えたんですね。
ち こそうだ!それは見間違いさ!(ふっ、ただの嫉妬よ・・・気にしないで(笑)>マグ)
ちょもまあ、葛山さんと目があった!っていうファンの勘違い(^^;)競争は置いといて、次行こう、次(笑)
ち こで、このあとフルバンドで「TODAY」「What's goin' on?」「明日になれば」はかなり歌詞が入ってると見えて、信吾さんも譜面から顔をあげて、場内をまっすぐ見つめながら笑顔で両手を広げて歌った。
ちょも私の前、段差があったせいで、少し空間があったんです。前の方の人波の一番後ろで(つまり私の目の前)では、10年来のファンの方が、大きく手をあげて、拍子をとってらして、私の周囲の人は、それを真似しながら揺れていました(笑)
ち こ私は実はフルバンドが死ぬほど好きで・・・もう、これ、体感できたのがすんごいうれしい。ドラムが入ったとたん、身体に響くサウンドに変化したよね。
ちょもでも、これは板倉さんや、スタッフの方に聞かないと本当の所はわからないけど、他のライブよりも、音は控えめじゃなかった?耳がわんわん言わない、クリアに音が伝わってくる音量で
ち こそれ、同感>耳がわんわん言わない。これは本当に今までの私のライブ経験の中でもこんなにクリアなサウンドなのはBricksがはじめてです。それにしても「明日になれば」はやっぱり歌いこんでいるぶん、さらにボーカルが良かったなあ
ひ まそろそろ終わりになっちゃう・・・のだろうか?という一抹のさみしさも。
ち こそれで次は「Carry on」だったんだけど、「最後の曲になりました」って言われて、が〜〜んって思った。早すぎる〜〜って。で、ここでまたチューニング。「最後の曲はチューニングで(笑)」
ちょも会場のひそひそが信吾さんにも伝わったのかな(笑)にやって会場の方見て、「最後の曲はチューニング?」って笑ったね〜
ち こCarry onが終ると、メンバー一斉にさ〜っと奥に行ってしまって、お約束なんだろうけど、アンコール
ちょもアンコールの一曲目はカヴァーだったけど、信吾さん、いつもと違う笑顔だった〜。挑戦的な?
ち こ野性的〜って思った。ノリノリですっごく楽しそうでめちゃ、男の子っぽいじゃん!!(ごめん。すんごい年上なので、許して)って嬉しかった。その迫力が。ボーカルがね、鋭くて新鮮だった。本当にいい声だなあ、こういうシャウトも決まるんだあ、って、もう、聴いてて嬉しいわ、視覚的にもギター振り上げてくれてかっこよくて感動
ちょも私は…年上だけど……(^^;)ついていきます、あんちゃん!って印象だったな〜(笑)で、あれはいつだったっけ。立って歌って〜って叫んだ人が居て
ち こ次のアンコールの時、だった?いや、はじめのアンコールの時?「立って唄ってくださ〜〜い」
ちょも「立って歌って〜!見えへ〜ん!」って声がとおって、信吾さんが、「見えへんて〜(笑)関西の人〜?」「そうで〜す!」ってコミュニケーションが(^−^)いいねえ
ち こ「あ、関西の人ですか?」って子供のように嬉しそうだった(笑)で、一度メインの三人で立ったんだよねえ
ちょもでも結局座っちゃったんですね〜。ラストのラスト、2曲目のアンコールは、「勇気をくれた人へ」
ち こ「譜面が・・・見えない〜〜」って苦笑してた。信吾さん、立った時。えへへへへ、って笑いながらみんなでまた座っちゃったんだよね
ちょも努力はしてくれたんですねええええ
ち こ目を細めて「見えーーーーーーん」って
ひ まぜったい歌ってくれるとは思っていたけど,ホントに感無量だったね>勇気をくれた人へ
ち こやっと「勇気をくれた人へ」が生で・・・・私はもう感無量でした・・・・が、うわさの首藤さんのギターもおいしかった。ギターがきれいで、はじめて首藤さんの指に注目しました
ちょも勇気をくれた人へ、私、泣くかな〜って思いながら聞いたんだけど、意外と、そうでもなくて、終りなんだって思っても、幸せだった。「一緒にいた時間だけは〜っ」て、まさに今のこの瞬間のことなんだ〜って思いながら、最後だとか考えることなく、一番没頭できた曲かもしれません>勇気をくれた人へ
ち こさっきの「立って歌えなかった」話だけど・・・台詞を覚えるのでいっぱいいっぱいの信吾さんにあれだけの曲の歌詞を覚えろとはファンとしては辛くて言えないから。本当今回は座ってでもライブやってくださったことに感謝してます。実際、専門のボーカリストだって、どれだけライブ前に歌詞を頭に入れるのに苦労しているか・・・。てなわけで「ラスト」の「勇気をくれた人へ」はもうBricksからのファンへの気持ちかもしれないけど、私としてはこちらが感謝したいくらい
ちょもいや〜ん、今ごろ泣けてきたやんか(苦笑)
ち ことってもしんみり暖かい気持ちで聴くことができました
ちょもでは、月並みですけど、ライブを作り上げてくれたスタッフの皆さん、Bricksの皆さんに感謝して
ひ まハイ。もうほんとーに心からの感謝を込めて。
ちょも最後は一本締めで<湿っぽいのは嫌い(笑)
ち こいよ〜〜〜っとか言うの?(笑)ありがとう!Bricks!ありがとう!信吾さん、末永く一緒にいようね!←違う!
ちょもそりは違う!(笑)ありがとうございました(*^-^*)葛山さん、Bricksに出会えた2000年は一生忘れられない素敵な年になりました
ひ ま21世紀もついていきます〜
ちょも次のライブで、皆さんとまたお会いできることを願ってます。では、お疲れ様でした〜
ち こでは、本年もどうぞよろしく〜〜


最後まで読んでくださってありがとうございます!お疲れさまでした。

FreeWay(2000/11/26)→